即日キャッシングno1

即日キャッシングno1|今すぐ借りれるカードはこれ!

即日キャッシングで今すぐお金を借りる為に必要な情報をどこよりも詳しく解説します!

ホーム » アーカイブ

キャッシング審査では何を用意したら良いのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

カードローンやキャッシングの申し込みの便利さ

カードローンやキャッシングは、すぐにでもお金が必要となったときには、融資を受けることができるため、とても便利なものです。

カードローンやキャッシングを利用するには、銀行から金融会社などからりようすることができますが、申し込みが面倒だと感じてしまっている利用者も多いようですが、最近ではネットを使って申し込みができる方法が人気となっています。

ネットでの申し込みは、カードローンやキャッシングでは必要な書類が本人確認書類のみとなっている金融機関も多いので、ネットで免許書の画像を送ることで申し込みをすることができる金融機関も増えてきています。

カードローンやキャッシングでは、提出する書類は本人確認のみとなっているところも多くあります。

しかし、借入額が百万以上など、高額になることによって、本人確認書類に加えて、給与明細や源泉徴収票などの収入を証明できる書類の提出を求められるところがあります。

手軽にカードローンやキャッシングを利用したいと考えたときには、利用金額を低くすることによって本人確認書類の提出のみで利用することができます。

提出しなくてはならない書類は、金融機関によって異なるため、なにが必要かはあらかじめ調べておくことが大切です。

カードローンを利用する際の必要書類について

カードローンを利用したいと思った際には、様々な書類が必要です。まず最も大切なものは、運転免許証などの本人が確認できる書類です。運転免許証や運転経歴証明書を持っていないという人は、保険証や住民基本台帳などを提出することによって、代用することができます。

そういった書類を提出する際に、現在住んでいる住所と本人確認書類に記載されている住所が異なる場合には、お金を借りる人の名前と現在住んでいる住所の両方が記載されているもの、たとえば公共料金の領収書などの提出が必要です。

また、借入限度額が50万円以上の場合には、収入証明書を提出することが必要です。これは賃金業法に基づいており、源泉徴収票や確定申告書、所得証明書などの種類があります。直近2か月分の提出が必要となり、発行年月や氏名、勤務先、総支給額が記載されていない場合には、勤務先の社印が必要になります。

カードローンと一口に言っても、借入する場所は様々なものがあると思いますが、入会費や年会費が無料と言われている楽天銀行のカードローンであれば、借入する金額が200万円までであれば、所得証明書の提出は不要と言われています。借入する場所によって、必要書類が異なるのであらかじめ確認しておく必要があります。

審査の際の必要書類について

借入の申し込みの際、必要な書類が様々想定されますが、主な金融機関での準備すべき必要書類は、どんなものがあるのでしょうおか?
いかに主なものをまとめてみました・

・住信SBIネット銀行 Mrフリーローン:収入確認書類の写しのみ

・イオン銀行カードローン:ご本人確認書類、年収が確認できる書類
*300万円以下のお借入れには不要
*個人事業主などは、収入証明書の提出が必須

・アコム:運転免許証(または健康保険証)、お借入総額により収入証明書
*個人事業主の場合、確定申告書事業計画などが必要

・プロミス:運転免許証(または健康保険証、パスポートなど)、収入証明書(会社員の場合、源泉徴収票、課税証明書、給与明細書など/事業主の場合、課税証明書、確定申告書など)

・楽天銀行スーパーローン:本人確認書類(運転免許証か、パスポート、健康保険証)収入証明書(源泉徴収票、課税証明書、給与明細書など)

・モビット:本人確認書類(運転免許証か、パスポート、健康保険証)収入証明書(源泉徴収票、課税証明書、給与明細書など)

本人の確認書類や、収入などを証明する書類は、やはりほとんど必須のようです。

しかしこれも、一時に比べるとかなり簡素化されていますし、金額によっては、収入証明などがいらなくなってきています。

また、WEB申し込みなどが増えていますので、郵送ではなく、コピーをメールに添付という感嘆の方法ですので、準備も一人で短時間ですませられます。

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ