即日キャッシングno1

即日キャッシングno1|今すぐ借りれるカードはこれ!

即日キャッシングで今すぐお金を借りる為に必要な情報をどこよりも詳しく解説します!

ホーム » キャッシングの審査基準 » 即日キャッシングはどういった審査基準なのか?

即日キャッシングはどういった審査基準なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

キャッシングの審査基準について

キャッシングやカードローンなどをお考えの方に、審査基準についておおまかに説明します。申し込みの際に提出いただく書類がいくつかあると思いますが、審査基準は「返済能力」で判断します。

「返済能力」を判断する基準として、大きく4つ考えられます。
ひとつは住所です。定住する住所を持ち、住民票などをきちんとうつしてあるかどうかは大きな審査基準です。持ち家でも、賃貸でも、家賃やローンを払っている実績は、返済(支払い)能力と直結します。2つめは、年収です。

 

金額や金融機関によって異なりますが、収入証明を提出しますので、きちんと税金を納めている、安定した年収が見込める、また、ボーナスなどの収入が考えられるので、これは審査の大きな指標になります。次に3つ目は就業状態です。正社員や自営業などが最も有利と言われています。

 

それは、安定した収入が見込めるからにほかなりません。金融機関や希望借入金額によっては、専業主婦、アルバイト、パート、学生などもOKというものもありますので、金利などと相談して利用するのはいいでしょう。4つ目は、年齢です。基本的には成人を対象としていますので、20歳以上、また労働により収入が見込めるという点では、60才、65才、70才など、上限もあります。学生ローンなどは学生を対象にしていますので、20歳未満の場合もOKなことがあります。

以上のことから、返済能力という観点で、提出書類をみています。
ここで注意点は、決して虚偽の申告をしてはいけないということです、少しでも良い条件に見せようとして、虚偽の申告をすると、信用情報調査の際発覚すると、融資が受けられない場合があります。

収入の安定性が重視される

みずほ銀行カードローンの場合は、特に収入の安定性を重視すると言われています。ここで重要なのが勤続年数です。

勤続年数は、できれば1年以上は欲しいところです。
勤続年数1年未満=転職が多い=収入が安定していない、とみなされてしまうからです。

過去のローン、利用中のローンに延滞記録があるとNGとなってしまいます。

クレジットカードや各種ローンに申し込むと、申込内容や契約内容、返済状況などの取引事実に関するすべての情報が「信用情報機関」に登録されます。

毎月の返済期限までに返済を行わないと延滞になりますが、2ヵ月以上返済を延滞してしまうと、それが事故情報として信用情報機関に登録されてしまいます。

さらに延滞の記録は、延滞分を支払い終わってから最低5年間は消えることがありません。

債務整理の記録があるとNGになってしまいます。

任意整理などの債務整理、自己破産を行った場合も もちろん事故情報として信用情報機関に記録されます。
事実の発生日から5~10年間は削除されないので、新規ローン審査に通るのは難しいでしょう。

すでに複数のローン会社やクレジット会社から借入れがあると、延滞がなくとも新規のローンに通りにくくなります。

一般的には他社借入が4件を超えると、審査にも至らないことがあります。

他社借入は無担保ローンが対象となり、担保が必要な住宅ローンは対象外です。自動車ローンや教育ローンなどの目的別ローンおよびクレジットカードのキャッシングなどは、無担保の場合がほとんどなので他社借入に含まれることになります。

カードローンの審査基準とはどんなもの?

カードローンの審査基準は各社ごとに定めています。ですが、その基準を公に公開はしていませんし、審査で落ちた場合もなぜ落ちたのかを説明することもありません。代わりといっては何ですが、各社は「条件」というものを公開しています。この条件に合致していない場合は、ほぼ確実に審査に落ちると言えます。この条件に当てはまる人だけ申し込んでください、その上で社内審査を行います、というのがカードローンです。

審査の基準は公開されていませんが、各社の条件を見比べることにより大よその基準を推測することは可能です。例えば「専業主婦はダメです」という条件があれば、少しでも収入がない人は申し込みすらできないということであると同時に、その会社が収入を審査基準としてとても大切にしているということです。また、アルバイトはOKですと条件を掲げている場合は、収入が基準であると同時に、その収入は継続的なものなのかも重要視していると言えます。

審査基準は公開されず、各社それぞれで異なっているものです。ですが、申し込みの際に提示されている各社の条件から推察することは可能ですので、「この会社の審査基準はどんなものだろう?」と思った場合は、カードローンの申し込み条件をじっくり読むことが重要です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ