即日キャッシングno1

即日キャッシングno1|今すぐ借りれるカードはこれ!

即日キャッシングで今すぐお金を借りる為に必要な情報をどこよりも詳しく解説します!

ホーム » 限度額と増額審査 » キャッシングの増額審査について

キャッシングの増額審査について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

カードローンやキャッシングの限度額

カードローンやキャッシングには、限度額があります。自分自身の収入から、返済できる金額を借り、返済計画をしっかり立てなければなりません。借りたい金額を借りるわけではなく、本当に必要で返済可能な金額を申し込みます。
カードローンは、毎月定額を返済します。約定返済と言われていて、限度額によりますが、1万円からになっています。まず利息にあたる部分を返済し、残りで元金を返済するかたちになります。

 

全額返済にあてるわけではありません。キャッシングは、借りた金額を利息を付けて一括で返済することが多いです。
限度額は、希望金額として、カードローンやキャッシングの申込時に自分で決めます。その後、審査が行われ、カードローンの限度額や、キャッシングの融資額が決まります。申込時には、低めにした方が審査が通りやすい傾向にあります。


消費者金融では、総量規制という法律があり、借入金額は、他社での借入金額と合わせて、収入の三分の一までと規制されています。このようなことがあり、公的な収入証明書を提示し、限度額を決定する場合もあります。
配偶者が一定の収入があり安定している専業主婦の方や、学生もカードローンが持てるという会社もあります。この場合、限度額は低く設定されており、返済しやすくなっています。

限度額は年収の3分の1以上借りれない賃金業者

カードローンは気軽にお金を借りれるので便利ですが、人によって、利用できる金額は違いがあります。それは、個人の収入によって、貸し出せるお金の幅があるのです。

 

何故なら、たくさんの金額を借入したとしても、返済能力があるのかどうかを問います。そこで個人に寄って、収入があるのなら、それに見合った借入額の設定となるのです。

 

カードローンの企業で特に消費者金融業はその借入の限度額に規制がかかります。それは消費者金融業は賃金業者と言う部類になるので、賃金業法の総量規制が原因で、年収の3分の1以上は融資しない事と言う規制があるのです。

 

だから限度額の枠を広げて欲しいと懇願しても、年収の3分の1を超えた金額はどうしても借入できないことになります。だから、限度額500万まで、800万までとカードローン会社の広告に載っていますが、これはその人の年収によって、利用限度額が決まるので、500万円も借りれない事があるでしょう。

 

そして、新規の借入の取引の場合は、初めから多い金額を申し込むのでは無くて、限度額を低くした方が審査に通りやすいと言えますから、年収の3分の1までいっぱい借りようとせずに、低い金額を申し込むとスムーズに取引が出来る事でしょう。

消費者金融での限度額設定とは?

消費者金融や銀行のカードローン等、最近は借入の申込みをネットで行う方もかなり多くなっているのではないでしょうか。利用者が匿名性を求める事もあり、ネット申込みはそういった点で都合の良いのでしょう。

申込みをすると、色々と項目を埋めていく作業があります。その中で「限度額」という項目があり、金額を選べるようになっています。10万円位の金額から、多いと何百万円位の金額まで…

もちろん、限度額は低く設定する事をおすすめします。その方が審査も通りやすいですし、借りる額は極力少ない方が良いでしょう。ただそれでもまとまった額が必要な方は、多くても年収の3分の1以下に抑えておきましょう。これ以上の金額は「総量規制」で借入が認めすられません。ただ自分のクレジットヒストリーに自信が無い方は、4分の1・5分の1位にしておいた方が良いです。審査に落ちれば一円も借りれませんからね。

審査には通ったけれど、限度額が必要な額より低い額になってしまった…という方は、その会社の返済をきちんと毎月行い、「自分は借りても期日通りに返済が出来る人間だ」という事をアピールしましょう。そして、その後に限度額の増額の申請を行うと、通りやすいです。1回で通らない場合は、またコツコツ実績を作って、再度申請を。ほとんどの会社は何回でも増額の申請を行う事が可能です。

お金を借りるという世界でも、基本になるのはコツコツと実績を積み、信頼を得る事です。
向こうも商売ですから、信頼できると感じたお客様には、限度額増額の勧誘の電話が掛かってくる事も多いです(笑)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ