即日キャッシングno1

即日キャッシングno1|今すぐ借りれるカードはこれ!

即日キャッシングで今すぐお金を借りる為に必要な情報をどこよりも詳しく解説します!

ホーム » おまとめ・一本化について » 即日キャッシングとおまとめローンの話

即日キャッシングとおまとめローンの話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

少しでも金利を軽減しましょう

複数の金融機関からの融資を利用していると、デメリットが多い様に感じます。

返済の管理だけでも、きっと複数日に分かれていると思いますから、自己管理するだけでも煩雑に感じます。

万一口座に入金されていないときは、利息の加算という事態も考えられるでしょうし。
こうした事になる前に、ローンの返済をまとめてしまうことをお勧めしたいです。

こうした事をよく「おまとめローン」「ローンの一本化」という言葉で表現されます。

ここでは、どういったおまとめローンを利用するのが上手な利用方法になるのか?
一緒に検討していきましょう。

金融機関の種類だけでも、銀行系や消費者金融、信販系キャッシング会社等複数に分類されますが、どこが自分にとって最大限のメリットがあるのか?


あくまでも自分にとってというラインが、とても大切になります。

低金利先を利用するに越したことはありませんが、複数社の利息をまとめることによってどれだけ金利の負担がなくなるか?そのためのサービス展開が整っている金融機関を、選択することで更に賢い返済計画が出来ます。

大手消費者金融に顕著なサービスがありますが、一定期間金利がかからずに利用出来るサービスもありますから、要検討してからの利用で金利負担を減らしたいものですね。

借り入れ先を一つに。おまとめローンとは

最近よくテレビで紹介されている“おまとめ”“一本化”とは一体何かというと、複数の消費者金融から融資を受けている人を対象にしているローンで、まず現在複数ある負債金額に応じた金額を消費者金融(銀行や融資会社)に融資してもらいます。

その融資金を使って複数社の借り入れを全額返済します。その後は融資を受けた消費者金融に返済していくという流れです。

さて、融資を受ける先を一つにするメリットですが、複数の消費者金融から借り入れがあると当然支払期日もバラバラになります。5日10日、20日と次々にやってくる支払い日に気持ち的にも負担が大きいですが、借り入れ先を一つにすることによって返済日も一つですので負担が減ります。

また(契約した内容にもよりますが)基本的におまとめローンの金利は一般のローンやキャッシングに比べると低い金利を設定しているところが多く、借り入れ先を一つにまとめる前よりまとめた後のほうが毎月の返済額が少なくなる場合が多いです。

最後におまとめができるカードローンの中で特に金利が低いローンを紹介いたします。三井住友カードローンは金利3.5%~9.8%です。

これは消費者金融の中でも最高クラスの低金利ですが、ここから更に返済年数に応じて年利が下がっていくという嬉しいサービス付きです。長い付き合いになりそうなときはお勧めです。

おまとめローン一体化で利息をおさえれる

ローンという事に対しての考え方は人それぞれだと思いますが、高い買い物をする際に金利が付いてさらに総価格が高くなるのをおさえたい方はたくさんいると思います。

ご存知の方は多いと思いますが、高額のローンを掛ければかけるほど金利が1%変わっただけでも何十万、何百万の多額の金額を損してしまう事になってしまいます。

損をしないようにするために考える事として、ローンの一体化というのがあります。

私はつい最近家を建てるために、住宅ローンの契約を行いました。この際に私が乗っていた車の車検が近づいていたのと車の寿命が近づいていた事もあり、車を先に買い替えるか家を建てる時期を遅らすか迷っていました。そこで私は、住宅ローンと車のローンををまとめる事はできないのかと考えました。

私が調べた時、住宅ローン固定金利の安い会社では1%を切るところもありました。車のローンを住宅ローンに組み込んだ場合、300万円の車が金利1%で買え、5年払いでボーナスなしの計算をしたところ価格は3016271円となります。

それに対しディーラーでの基準金利の7.8%のところでは、価格は3128251円となります。この差額は111980円となり、少しの金利でこれだけの誤差が生まれてしまいます。

大手メーカーでのローンの一体化は難しいと考える人は多いと思いますが、土地やエクステリアの業者さんに相談し水増しの見積書をローン会社に提出すれば基本的には通ります。

ただし、土地や外講を大手メーカーに頼んだ場合は例外です。その他金利の変動をよむのも一つの手段です。私の場合変動金利は近々東京オリンピック開催や増税の動きが怪しく、金利が上がってくるとよみ固定金利にしました。

この記事を見て損を得に変える人が増えるればいいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ